犬猫用サプリメント 医薬品など動物病院の獣医師が直接販売 アレリーフローション 15mL C14 初回限定 激安 犬用×1個 皮膚病治療薬 副腎皮質ホルモン外用剤

犬猫用サプリメント・医薬品など動物病院の獣医師が直接販売! 『アレリーフローション 15mL 犬用×1個』 副腎皮質ホルモン外用剤 皮膚病治療薬 C14

犬猫用サプリメント 医薬品など動物病院の獣医師が直接販売 アレリーフローション 15mL C14 【激安】 犬用×1個 皮膚病治療薬 副腎皮質ホルモン外用剤 1740円 犬猫用サプリメント・医薬品など動物病院の獣医師が直接販売! 『アレリーフローション 15mL 犬用×1個』 副腎皮質ホルモン外用剤 皮膚病治療薬 C14 ペット・ペットグッズ 動物用医薬品 犬用 皮膚薬 犬猫用サプリメント 医薬品など動物病院の獣医師が直接販売 アレリーフローション 15mL C14 【激安】 犬用×1個 皮膚病治療薬 副腎皮質ホルモン外用剤 1740円 犬猫用サプリメント・医薬品など動物病院の獣医師が直接販売! 『アレリーフローション 15mL 犬用×1個』 副腎皮質ホルモン外用剤 皮膚病治療薬 C14 ペット・ペットグッズ 動物用医薬品 犬用 皮膚薬 『アレリーフローション,皮膚病治療薬,15mL,副腎皮質ホルモン外用剤,C14,1740円,犬猫用サプリメント・医薬品など動物病院の獣医師が直接販売!,ペット・ペットグッズ , 動物用医薬品 , 犬用 , 皮膚薬,/culling147310.html,hl-industriemontage.com,犬用×1個』 『アレリーフローション,皮膚病治療薬,15mL,副腎皮質ホルモン外用剤,C14,1740円,犬猫用サプリメント・医薬品など動物病院の獣医師が直接販売!,ペット・ペットグッズ , 動物用医薬品 , 犬用 , 皮膚薬,/culling147310.html,hl-industriemontage.com,犬用×1個』

1740円

犬猫用サプリメント・医薬品など動物病院の獣医師が直接販売! 『アレリーフローション 15mL 犬用×1個』 副腎皮質ホルモン外用剤 皮膚病治療薬 C14




副腎皮質ホルモン外用剤 アレリーフローションは、犬のアトピー性皮膚炎による症状を緩和するローション剤です。

【特長】
●手指を使わずに柔らかいスティック状のノズルで薬液を塗り広げることができます。

●有効成分ジフルプレドナートは、患部でしっかりと抗炎症作用を示した後、体内に入ると活性の低い物質に変わるアンテドラッグです。

●塗り広げやすく、べとつかない、刺激臭の少ない基剤を採用し使いやすい外用剤です。

【効果効能】
犬のアトピー性皮膚炎による症状の緩和

【成分・分量】
本剤100g中、有効成分としてジフルプレドナートを0.05g含有する。

【用法・用量】
必ず商品の添付文書をよく読み用法・用量を守って正しくご使用ください。
1日1回、7日間、適量(患部面積4cm×4cm当たり1滴)を患部に塗布して使用する。

アレリーフローションご使用についての注意事項
↑ご注文前に必ず内容をご確認ください。

【注意事項】
1.守らなければならないこと
(一般的注意)
(1)本剤は、効能又は効果において定められた適応症の治療にのみ使用すること。
(2)本剤は、定められた用法及び用量を厳守すること。
(3)本剤は、獣医師の指導の下で使用すること。
(4)本剤の使用に当たっては、治療上必要な最小限の投与に止めること。
(5)症状改善後は使用を中止すること。

(使用者に対する注意)
(1)動物実験(ラット)で母体の体重抑制及び胎子の発育抑制、動物実験(ウサギ)で催奇形性が報告されているため、妊婦または妊娠している可能性のある婦人は皮膚に付着しないように十分注意すること。
(2)小児は本剤を取り扱わないこと。

(犬に関する注意)
(1)本剤は外用なので、点眼、経口投与など外用以外に使用しないこと。
(2)本剤投与後、乾いたと感じるようになるまで(2時間程度、ただし皮膚や被毛の状態に依存する)投与部位を舐めないよう注意すること。
(3)眼の周囲に塗布する際は、薬液が眼の中に入らないよう眼をガーゼ等で押さえるなどして慎重に投与すること。
(4)口の周囲に塗布する際は、薬液を舐めてしまわないよう舌が届かない部位にのみ使用すること。

(取扱い及び廃棄のための注意)
(1)本剤は、外箱に表示の使用期限を超えた場合は使用しないこと。
(2)外箱に表示の使用期限内であっても、開栓後は速やかに使用すること。
(3)本剤の保管は直射日光、高温及び多湿を避けること。
(4)小児の手の届かないところに保管すること。
(5)誤用を避け、品質を保持するため、他の容器に入れかえないこと。
(6)本剤を廃棄する際は、環境や水系を汚染しないように注意し、地方公共団体条例等に従い処分すること。

2.使用に際して気を付けること
(使用者に対する注意)
(1)皮膚に付着しないように注意すること。皮膚に付着した場合は、水で十分に洗い流すこと。
(2)眼に入らないように注意すること。眼に入った場合は、多量の水で洗い流すこと。
(3)本剤投与後、乾いたと感じるようになるまで(2時間程度、ただし皮膚や被毛の状態に依存する)投与部位に直接触れないこと。また、投与したことを知らない人が触れないように注意すること。特に小児が、投与した犬に触れないように注意すること。
(4)誤って本剤を飲んだ場合は、直ちに医師の診察を受けること。

(犬に関する注意)
(1)副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けること。

(取扱い上の注意)
(1)患部が被毛等で覆われている場合は、被毛をかきわける等、本剤が患部に確実に到達するようにして投与すること。
(2)臨床試験では、患部の面積4cm×4cm当たり1滴(製剤として50mg/16cm2)を塗布した。本剤の使用に際しては、症状により適宜増減すること。ただし、体重1kg当たり5滴を塗布量の上限とすること。

火気厳禁
危険物第4類 第2石油類 危険等級3
(水溶性)

【使用期限】
当店ではメーカーから常に最新の使用期限(賞味期限)のものを仕入れております。
入荷や在庫状況によりご購入から発送までの間に表示の切り替えがある場合がございます。
先入れ先出しを基本とさせていただいておりますので、お届け致します商品はご購入時に掲載してある使用期限のものになります。
使用期限間近の商品は、使用期限を明記(商品ページに表記)の上販売する場合がございます。
※使用期限はお問い合わせいただければ随時返答させていただきます。
なお、使用期限を選定してのお手配は出来かねますので、あらかじめご了承ください。

商品詳細
広告文責タガワアニマルホームドクター合同会社
奈良県生駒市上町1112-1
TEL0743-84-4177
製造販売元DSファーマアニマルヘルス株式会社
原産国日本
商品区分動物用医薬品

犬猫用サプリメント・医薬品など動物病院の獣医師が直接販売! 『アレリーフローション 15mL 犬用×1個』 副腎皮質ホルモン外用剤 皮膚病治療薬 C14

注目キーワード

拙著「内科診療ことはじめ」2022年3月7日発刊です!

いつもホームページをご覧になっていただき大変ありがとうございます。今回は宣伝になります。私が執筆させていただいた研修医の先生方向けの本「内科診療ことはじめ」が2022年3月7日羊土社さんから発刊となりました!国保旭中央病院でご指導いただいた総合診療内科の塩尻俊明先生に監修いただいております! 内科の幅広い分野に関して「研修医の先生方」を対象に、救急外来・病棟や”primary care […]

髄液糖所見の解釈

Classicalなテーマを扱いますが、調べてみると意外とわからないことだらけです。 髄液糖が低下する機序 ・前提の生理学:通常糖は血液からBBBのグルコーストランスポーター(GLUT1)を超えて能動的にCSFに輸送されており、血中濃度と髄液濃度は平衡関係にある・髄液糖が低下する原因は以下が挙げられる原因1:髄腔内での糖消費原因2:BBBのGLUT1(グルコールトランスポーター)の機能不全 カット […]

最大1,500円OFFクーポン発行中 陸上競技 ハーフパンツ ユニセックス 男女兼用 N73-014P 210403 父の日

ここは臨床現場でたびたびきになるポイントです。結論を申し上げると「発作後(postictal)の髄液細胞数上昇はまれであり、髄液細胞数上昇を認める場合はその原因を検索するべき!」になるかと思います。 文献 ■発作と髄液所見の検討 Epilepsy Research 2015;114:23 方法:後ろ向き単施設 319例 *中枢神経感染症は除外患者背景:年齢中央値59歳(14-97歳)原因:原因不明 […]

Zoster paresis 帯状疱疹後運動障害

皮疹の髄節範囲を超えた運動障害を呈する”zoster paresis”は存在するのか?という臨床疑問から調べています。まだまとまっておらず論文を読んだものの羅列になってしまい恐縮ですが少しずつまとめていきます。 臨床像・病態 ・帯状疱疹患者さんが「皮疹出現後、多くの場合PHN(post-herpetic neuralgia)を伴う有痛性の皮疹と同じ髄節での運動障害を呈する」 […]

カリブシー パープルアップ 480ml

私は今までNeurologyのコンサルトを受ける仕事が多かったのですが、よくコンサルト頂くカルテのアセスメントに「Assessment:鑑別はギランバレー症候群または亜急性連合性脊髄症など」と書かれている場合が多くあります。このAssessmentをみると「あっ病名から考えているんだなー」と思います。そもそもその2つの疾患で病巣も違えば、経過から類推される病因/機序も全くことなるからです。確かに普 […]

C3/4頚椎症性脊髄症

なんでこんな特殊なテーマを扱ったんだと思われるかもしれませんが、臨床像が複雑で難しい(興味深い)からです。一般的な頚椎症性脊髄症に関してはこちらをご覧ください。先日入院した原因不明の歩行障害患者さんで当初頭部MRI撮像も分からず入院となった症例がありました。診察すると失調がかなり強く確かに小脳性を疑いましたが、構音障害や眼振ははっきりせず病巣を小脳として良いか違和感がある症例でした。両手指の異常感 […]

脳室周囲異所性灰白質 periventricular heterotopia

病態 ・遺伝子 ・発生の過程で脳室周囲(側脳室)の神経細胞が皮質に遊走されずに同部位にとどまる場合をperiventricular heterotpiaと表現する. ・Filamin A(FLNA)(遺伝形式 X-linked dominant, 臨床像:知的発達障害なくてんかん合併・女性がほとんどで男性は致死的)*point mutations, deletionsいずれもあり(後者が多い) N […]

エダラボン edaravone

ここでは脳梗塞急性期での「エダラボン」に関してまとめます。 臨床試験 以下の臨床試験が急性期脳梗塞でのエダラボンとプラセボを比較した最初のRCTです。 確かに神経学的予後の有意差は出ているのですが、primary outcomeをmRSに設定していますが来院時のmRSに関して言及がない点が問題とされています。その後のsystematic reviewもありますが、この臨床試験を含んでいるため解釈が […]

急性期脳梗塞の安静度・リハビリテーション

脳梗塞の患者さんを受け持っていきなり困るのが「先生この患者さんの安静度どうしましょう?」という点です。ここはエビデンスがあまりない分野だけにいろんなoriginalな解釈がされている領域ですが、まずは臨床試験の結果・ガイドラインの推奨とすすんで最後に個人的なアプローチ方法を提示したいと思います。 臨床試験は? 安静度に関して:”HeadPost” NEJM 2017;376 […]

転移性脊髄内腫瘍 intramedullary spinal cord metastases ISCM

脊髄腫瘍は原発性のものは星細胞腫(30才まで)、上衣腫(30才以降)、血管芽腫など(もちろんこれ以外にもたくさんありますが)が知られていますが、転移性脊髄内腫瘍(intramedullary spinal cord metastases: ISCM)は非常にまれで(担癌患者の0.1-04%に髄内転移を認める、脊椎関連の転移のうち4%を占める)、MRIの発達と腫瘍の治療法が発達した現代になってようや […]

シロスタゾール cilostazol

作用機序 ・PDE3阻害薬で、血小板内のcAMP濃度を上昇させ血小板の活性化を抑制する働きをします。PDE3は血管平滑筋にも存在し、PDE3阻害薬は血管拡張作用をもつことが特徴です。・この血管拡張作用により慢性動脈閉塞症の第1選択、また日本では脳梗塞に対する適応があり、副作用の頭痛もこの血管拡張による機序が推測されています。 副作用 ・シロスタゾールは代表的な副作用として頻脈と頭痛の2つが特に重要 […]

人気記事一覧